<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像001
人の汗も好きだが動物のフンにも集まるシータテハ(左)、コムラサキ(右)(1/8)
<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像002
ナツアカネ(左)は矢印部分の黒い模様が平らで、アキアカネ(右)の黒い模様はとがっている傾向にある(2/8)
<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像003
奥穂高岳山頂(3,190m)にいたカメノコテントウ(3/8)
<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像004
蝶ヶ岳山頂(2,677m)にいたミヤマヒラタハムシ。ダケカンバの葉などを食べる(4/8)
<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像005
左上から時計回りにアオオサムシ、ミヤマハンミョウ、フンチュウの仲間、ツチハンミョウの仲間(5/8)
<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像006
8月後半、秋田駒ケ岳の登山道ではアキアカネの集団が舞っていた(6/8)
<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像007
ヨツバヒヨドリやヒヨドリバナの花によく訪れるアサギマダラ(7/8)
<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像008
アサギマダラの幼虫が有毒のつる植物キジョランを食べたあと。自ら有毒になることで鳥から身を守っている(8/8)
<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像001
<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像002
<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像003
<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像004
<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像005
<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像006
<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像007
<標高3,000mオーバーにもいるんです!>足元の昆虫を楽しむ「マクロな夏山トレッキング」のすすめ【キジ准教授のナチュラリスト入門 vol.7】の画像008