湯けむりのスノーモンキーに会いに雪景色の北信州へ

■雪景色の露天風呂。そこは入浴を楽しむ猿たちで溢れかえっていた

地獄谷野猿公苑入り口

 長野県山ノ内町の山あい。静まりかえった森の中、 ときおり枝に積もった雪がサラサラと落ちてくる。 冷えた森の空気を吸い込みながら、雪道を歩くこと40分ほど。
 ゲートがある建物で入場料(一般800円)を払い、「地獄谷野猿公苑」へ足を踏み入れた。

 横湯川にかかる橋を渡ると、雪景色の露天風呂を中心に猿たちで大賑わいだった。
湯けむりの中、気持ち良さそうな表情で湯に浸かる猿たちの姿は、一瞬人間が湯に浸かっているのかと思ってしまうほど、リラックスして思い思いに温泉を楽しんでいる。

入浴しながら毛づくろいするニホンザル

 夫婦? カップル? 僕には見た目で雌雄の判断がつかないが、仲良く毛づくろいしていて幸せそう。その背中には、赤ちゃん猿がピタッとくっついているのがほほえましい。チビッコ猿は、友達? 兄弟? と遊びに夢中で追いかけっこしたり、たまにケンカみたいなことをしている。
 老若男女? 仲良く温泉を楽しむ混浴。古き良き時代の温泉情緒に触れたような気がして、なんだかほっこりする。

■「スノーモンキー」として世界的にも有名  

湯船のニホンザルを観察、撮影する観光客

 一方、僕ら人間もかなりの人数で、湯船の周りに夢中でかぶりついている。スマホ片手に自撮りする若い女性や、望遠レンズを付けた一眼カメラを三脚にセットして、猿を狙う本気スタイルのカメラマン。皆さん猿たちの行動にすっかり虜になっているようだ。
 猿と雪景色の組み合わせは世界的に見ても非常に珍しく、「スノーモンキーパーク」は広く海外に知れ渡っている。 そのため特に外国人観光客に人気で、コロナ禍以前は日本人より外国人の方が多かった印象がある。

■自由な野生の猿たち。人間との境界線はない  

転落防止の柵はあるが、ニホンザルたちは自由に行き来することができる

 興味深いのは、モンキーパークと銘打っているが、ここの猿たちは飼育されている訳ではないということ。つまり集まっているのは野生のニホンザルたちなのだ。動物園やサファリとは違う。
来るのも自由だし、去るのも自由。猿たちは湯の中だけでなく、周囲の山の斜面にもいる。温泉に入る入らないも猿たちの気分次第なのだ。
 柵はあるが、あくまでも人間が露天風呂に立ち入らないようにしているだけ。猿たちの行動に制限がある訳ではない。

 それでも、まるで人間の存在が気にならないかのように猿たちは振る舞っている。観光客の足元を元気に追いかけっこしているチビッコ猿たちは、人にぶつからないし、風格のある猿が悠然と横を歩いている。境界線はないのだ。

 湯上りにタオルやドライヤーを使えるわけではない。濡れて毛がピタッと萎んだ猿たちは、ひと回りもふた回りも小さくなっていて、とても寒そうに見えた。充分に温まれば、温泉効果で平気なのかな?