■藍島に行く際の注意事項

 藍島に渡る際に注意しておきたいことが2つある。

 1つめは買物事情だ。島には売店が2つあるが、品ぞろえはそれほど豊富ではない。弁当や飲み物、キャットフードはあらかじめ準備しておくのがおすすめ。特にキャットフードがなければ、せっかく猫島に来ても猫たちと仲良くなれないので、絶対に忘れないようにしたい。

 2つめは藍島千畳敷に関すること。ここは人もあまり来ないため静かに過ごせる一方、遭難した場合には、誰にも気付いてもらえないというデメリットがある。陸に戻り損ね、潮が満ちて流されるなどの事故がないように注意してほしい。

■ゴールデンウィークは、猫に会いに行こう!

強面なのに人懐っこくて大人しいギャップ萌え猫(写真:ブラボーマウンテン編集部)

 藍島は猫まみれになりながら静かに「密」を避けられるゴールデンウィークの穴場スポットである。ぜひあなたも非日常の猫だらけの島を楽しんでほしい。

 もし余裕があれば、藍島から船で10分で渡れるもう一つの猫島、「馬島」にも渡ってみてほしい。

●小倉渡場

・運賃
小倉⇔藍島:600円
小倉⇔馬島:420円
小倉⇔馬島:180円
・住所:〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目9−1
・連絡先:北九州市産業経済局総務政策部渡船事業所
・電話:093-861-0961

・URL:https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kurashi/menu01_0514.html

※気象状況により船が欠航になる場合があります。