■藍島の猫たち

一番食い意地が張っていた渡場の猫(写真:ブラボーマウンテン編集部)

 猫島だけに、島は猫だらけ。全て野良猫だ。食べ物があると、猫たちが一斉に寄ってくる。地元の方に迷惑にならない程度にキャットフードをあげて猫たちと仲良くなろう。

 せっかく猫島に来たからには、たくさんの猫と触れ合いたい。ここからは猫を求めて島中を移動だ。猫は島中にいるが、猫密度が高い地区と低い地区があり、地区により猫の性格も違う。人間世界に県民性があるように、猫の世界にも地域性があるのがおもしろい。

 一番猫密度が高いのは、やはり渡場がある港だ。ここの猫はかなり人慣れしており、狡猾さも見え隠れする。

渡場の待合所にたむろしている猫(写真:ブラボーマウンテン編集部)

 例えば、猫を目的に島に来た人であれば、渡場で猫に出会った瞬間に感激してキャットフードをたくさんあげてしまう。しかし、他の地区へ移動する頃にはその興奮も収まっているため、渡場ほどたくさんキャットフードはもらえない。まるでそんなことがわかっているかのように、猫は渡場に集まる。渡場の猫は寄って来ても、食べ物をくれないとわかるとすぐに離れていく。しかし、猫のいるところで自分用のおやつを取り出そうものなら、それが猫用おやつでなくても奪おうと飛び掛かってくることもあるので注意が必要だ。

 渡場を離れ北側の集落まで行くと、猫密度が少し下がる。猫の目つきも渡場の猫よりは穏やかだ。

集落にいる猫たちは、渡場の猫よりは穏やかだ(写真:ブラボーマウンテン編集部)

 更に北側に行くと、島の北端に向かう尾根道となり、猫密度は激減する。しかし、尾根道にいる猫たちは連れて帰りたくなるほど、性格が温厚で人懐っこい。

尾根道にいたオッドアイの猫(写真:ブラボーマウンテン編集部)

 ここまでさまざまな地域性をみると、まるで人間社会の縮図を見ているような気分にさえなってくる。尾根道は猫まみれになるほど猫はいないがとても癒されるため、藍島の中でも穴場である。島の北端まで行くと、猫はほぼ見かけなくなる。

不妊治療受けた地域猫の耳カット、この子は左耳なのでメス(写真:ブラボーマウンテン編集部)