■八方池を目指す絶景トレッキング

ベースからは、ゴンドラ1基とリフト2基を乗り継ぐ

 日本屈伸のメジャーゲレンデ、八方尾根は夏になると「北アルプスの展望台」と呼ばれるようになります。ベースエリアから延びるゴンドラリフト「アダム」と2つのリフトからなる「八方アルペンライン」を乗り継いで、標高1830mの八方池山荘までアクセス。そこから片道約1.5kmの八方尾根自然研究路をトレッキングしながら、八方池を目指すコースが定番のメニューです。木道などで整備されているルートは歩きやすく、初心者でも安心してチャレンジできます。

 八方尾根特有の、表面が蛇の皮に似ていることから「蛇紋岩」と呼ばれている岩を発見できるのもこの地ならでは。

八方池の背後に見えるのが白馬三山

 道程には「石神井(八方山ケルン)」や「第2ケルン」からの眺望、また百名山のうち11峰を眺望する絶景スポットが点在しています。どれも素晴らしいですが、やはり一番期待したいのが、このコースの目的地となる「八方池」。透き通る水面に映し出された白馬三山は、一見の価値あり! 標高が3000m近い山々の絶景には圧倒されることでしょう。池にはサンショウウオなど希少な生物が様々いるので、覗き込んでみるのも◎。

道中には、6つのケルンが建てられている

 また、八方池ハイキングにとどまらず、北アルプスを代表する山々に八方尾根からアプローチできます。なかでも憧れの北アルプス登山をするなら、日帰りでも往復可能な唐松岳登山がおすすめ。八方池より先の登山道は、本格的な装備をまとっての山行となりますので、ご注意を!

 

■うさぎ平のオープンテラスで一休み

うさぎ平テラスからの雲海の眺め

 ここ数年、ゴンドラ山頂駅の案内所、ショップやレストランなどからなる複合施設「うさぎ平テラス」の魅力が大きくアップ。テラスからは眼下に見える美しい白馬村の景色を楽しみながら、軽食はもちろんのこと、イタリアンの人気店「軽井沢プリモ 白馬店」のパスタやピザ、レストラン「ピラール」ではシェフおすすめのコース料理まで堪能できます。

軽井沢の人気店「軽井沢プリモ」のピザはぜひ食すべき!
こちらは「ピラール」のプレートランチ

 食事のほかにも、施設内のショップではオリジナルグッズの品揃えも豊富。なかでも八方尾根に訪れた記念としてだけでなく、滞在中のハイキングや観光の際にすぐにでも使ってほしいのが「EARTHWELL×HAPPO-ONE 八方尾根オリジナルステンレスボトル」。

 最大72時間の保冷が可能な高性能ステンレスボトル。天然木を使用したWoodyキャップは、まったく同じカラー・木目のものはなく、世界でたった一つ自分だけのボトルになります。また、人体に悪影響を及ぼす物質を使用していない製品であることもおすすめの理由です。

サイズ:容量 22oz(650nl)

【EARTHWELL × HAPPO-ONE 八方尾根オリジナルステンレスボトル】

(八方尾根限定販売 https://happo-adamplaza.com/
サイズ:容量 22oz(650nl) 幅 73ml 高さ 267ml 口径 44mm 重量396g \6,380円(税込)

 

●夏の星座を間近に感じる

 夜には星空観察会が催されます。季節の星座や天の川を観察する「天空の天体ショー」と、深夜に流星群を観察する「流星群観察会」の2種類。どちらも普段は乗ることのできない夜のゴンドラリフトに乗り、満天の星空の下へ。明かりのない山の上から星を眺めれば一層近くに感じられるでしょう。専門家のガイドがつくので、夏休みの自由研究などにも最適です。眼下に広がる白馬村の夜景も素敵。

さらに星に興味がわくようなお話は、専門のガイドさんならでは!

【うさぎ平】
一般開放期間:6月12日(土) ~ 10月31日(日)
【天空の天体ショー】
開催日程:7月23日(金)、24日(土)、8月1日(日) ~ 22日(日) の毎日、9月18日(土)、19日(日)
料金:大人 2400円/小人 1600円(ゴンドラ往復料金・ガイド料金込み)

 

■4つある温泉施設

 周辺には天然水素を含む露天風呂が魅力的で軽食も充実している日帰り温泉「八方の湯」、八方から白馬大雪渓へ向かう途中約3kmにある源泉に一番近い施設「おびなたの湯」、白馬駅から八方へ向かう途中にあり春には桜を楽しめる「みみずくの湯」、昭和63年開業で温泉らしさを最も感じられる「郷の湯」の4つの温泉施設があります。

 どの温泉も日本唯一の天然水素温泉となっており、抗酸化作用でアンチエイジング効果やお肌の活性化が期待できる湯です。

 白馬八方温泉の飲泉許可のあるPH11を超える強アルカリの温泉水を利用したオリジナル商品も要チェック。強アルカリ温泉水を使用した「温泉うどん」「温泉ラーメン」「温泉ぎょうざ」は、コシを出すために使用する食塩を使わずとも美味しい麺や皮に仕上がっています。

八方エリア周辺は、温泉施設が充実!
【施設詳細】
名称:白馬八方尾根/八方アルペンライン
所在地:長野県北安曇郡白馬村大字北城4258
アクセス:長野道・安曇野ICより約60分 上信越道・長野ICより約60分
営業期間:6月5日(土)、6日(日)、6月12日(土) ~ 10月31日(日)
https://www.happo-one.jp/

【PR】